HDD・水没・津波・プラッタ・障害・洗浄

Google
WWW を検索サイト内 を検索
論理障害25,000円以下
物理障害79,800円

ハードディスク・プラッタ洗浄・プラッタクリーニング (マイクロハード株式会社)

これは東日本大震災津波で水没していたハードディスクです。
ご覧のように錆でネジがまわらない、アルミの表面も錆でボコボコになっている。
水道水で水洗いしていても、表面にはまだ塩分が固着しています。

海水が浸入したハードディスクを解体しました

筐体及び、各パーツを洗浄するために、ハードディスクを完全に解体した状態。
プラッタ表面に海水が残っており、一部はプラッタ表面に固着している。
外観の割りに浸水が少ないのは、WesternDigital のHDDは、ネジの部分をシールでカバーしているためと思われる。

プラッタ表面の拡大写真(裏面)

プラッタ表面に海水が水玉状になっている。
下部には海水の塩分が固着している。
この程度の固着であれば、比較的簡単に塩分を除去できます。
キズ、プラッタの酸化などがなければデータ救出は簡単です。

プラッタ洗浄後の表面の拡大写真(裏面)

プラッタ洗浄クリーニング後の裏面の拡大写真。
長期間放置していたため塩分により磁気表面に酸化(腐食)が見られる。(○印の部分)
もう少し早めに送っていただけたら・・・と悔やまれる。

プラッタ表面の拡大写真(表側)

筐体をきれいにクリーニング。基盤などの各パーツも洗浄クリーニング
ヘッドクリーニングも完了して新品同様になった。
表側にも○印のように2ヶ所磁気が酸化腐食している。
磁気の酸化さえなければ、確実にデータ救出できたでしょう。 残念!

プラッタに固着した塩分の除去技術を確立しました



東日本大震災津波で水没したハードディスクを沢山修理しましたが、
海水が浸入して、プラッタに塩分がこびりついて固まった場合、 データ救出できませんでした。
マイクロハード株式会社では、色々と実験の結果、塩分の完全除去の技術を確立しました。
この写真の場合は、まだ軽度ですが重度の塩分固着も除去できます。
今後、この技術を東北大震災被災者のデータ救出に格安料金で提供していきます。 プラッタ洗浄
メール
〒719-3201
岡山県真庭市久世447
TEL(0867)42-1260 FAX(0867)42-1290
Mobil(090)9062-4175
090-9062-4175
Skype Me!
無料スカイプで連絡
岡山本社コールセンター(年中無休、24H 対応)
090-9062-4175
Skype Me!
無料スカイプで連絡
全 店 共 通 無 料 電 話 ( 岡山本社コールセンター )
0120-271-444
マイクロハード株式会社・本社地図(岡山県真庭市)
マイクロハード株式会社・東京支店地図(山手線・秋葉原駅徒歩5分)
データ復旧・マイクロハード株式会社